友達が話していたのですが、祖母から形見分

25 8月

友達が話していたのですが、祖母から形見分

友達が話していたのですが、祖母から形見分けで譲られた着物をリサイクルに出したいけど、どこか買い取ってくれるところはないかと私に相談してきたのです。長く着ていたので傷んでいる箇所もあり買い取りできないこともあるのかなと思うので、余計悩むようです。確かに、他の人に売れるから買い取るわけですよね。傷んでいない、きれいな着物を買い取りたいでしょうね。そういう話を何人にもされたようで、友達も売るのはあきらめて、別の処分方法を考えるようです。

まとまった量の着物を買い取ってもらい、予想以上のお金に換えられることもあります。確定申告が不安になることもありそうですね。基本的には和服も衣類で、生活必需品とされ買取金額には課税されないはずですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るので簡単に割り切れない問題です。少しでも気になるなら、後から申告漏れで追及されるのは誰でも嫌なので、時間を作って税務署の相談窓口に問い合わせましょう。
着ない着物が何枚かあったので、買い取ってくれる業者があると知り家の近くから通販専門のところまで、何軒かネットで調べました。思ったより使い勝手は良いようで、自宅で出張査定を行う業者や専用の箱も無料、宅配で送るのも無料で、査定も無料という業者も複数あるようです。自分に合った買取方法を調べると、箱に詰めるほどの量でもないし車で行ける距離にお店があるので、持って行ってお金の受け取りまでできればいいかなと思いました。
箪笥の中の古い着物の処分に悩んでいる人はいませんか。近頃また和服ブームで、専門買取業者が多くなって、処分も簡単になったようですよ。しまい込んでいた高価な着物でも、どこかで誰かが活用してくれると思うと嬉しいですね。査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、出張・宅配査定もできて、持込の手間が要りません。古いものでも状態が良ければ思ったより良いお値段になることもあるようです。
この間、祖母が着ていた着物を着物買取専門のお店に持って行きました。おそらくほとんど着ることはない着物で、着ないまま持っているのも祖母の本意ではないでしょうし、着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。何軒かの業者で相談しましたが、有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。結果的には全て買い取れることになり、納得のいく価格で売れました。
多くの着物買取業者では、着物と帯の他に帯に合った帯締めや帯揚げなど小物も一緒に買い取ってもらうといいでしょう。セットと言っても、襦袢は例外のようです。襦袢は下着の位置づけなので未使用でなければ需要はありません。例外もいくつかあります。たとえば素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。まずは査定にかけることをすすめます。古い着物を買取業者に出すと、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。一方で、合繊・化繊やウール着物については、本来の価格が低いですから、仮に買い取るとしても安かったり、当初から引取対象外にしている店もあります。どちらかというと専門店より古着屋さんのほうが、買い取ってくれる率が高いと思います。着なくなった着物を整理したいと思いつつ、どこに頼んだら良いのか困ってはいないでしょうか。でしたら、着物買取のネット業者を利用すると悩みも解決すると思います。インターネットで買取(査定)依頼すると、ある程度まとまった量なら、着物を送る際の送料が無料になることもあります。思い入れのある高価な着物を売るのなら、きちんと価値のわかるお店に査定してもらうことが一番だと思います。家を建て替えることが決まったのでためこんでいたものを整理していると覚えのない反物に出会いました。上手く保管されていたので状態も良く、保管されている間に傷むこともなくきれいなままで残っています。ネットで着物買取業者のサイトを調べてみると、こうした業者は、反物も扱っているようです。今後もこの反物を使うことはなさそうなので、買い取ってもらい、他の方に売った方が賢明でしょう。着物買取業者というのをご存知でしょうか。最近、苦情も多くなっているので、これから利用する人は気をつけましょう。私が最近聞いた例では、着物の出張査定を頼んだだけなのに、事前連絡なしに家にやってきて、着物と一緒に貴金属類まで買い取ろうと長時間ごねるといったことがありました。チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。まともな業者なら、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが高く売れるのは当然みたいですが、色あせや生地の傷みがあるときは、元が良い着物でも査定額は落ち、ときには引き取ってもらえないこともあるとのこと。まあ、仕方ないですね。きちんと保管してあるし、捨てるのももったいないので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。

あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>着物買取 持ち込みのデメリットとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です