着物の価値を評価して

9 8月

着物の価値を評価して

着物の価値を評価してもらうためにその着物や反物の証紙があると、とても有利です。反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、一定の基準を満たした製品であることを証明するために発行している登録商標になっています。もう必要ないと思うのか、捨ててしまう方やありかがわからないという方もいるそうですが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので査定のときには揃えておいてください。
着物は日本が誇る美しい衣装ですが、お手入れするのは結構負担ですよね。虫干しに始まって和紙を挟んで元通りに畳み、保管も桐箪笥が望ましいということで時間も体力も使います。そこで提案ですが、もしも着ない着物やサイズが合わない着物があれば着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。次に着てくれる人がいるでしょうし、お手入れもその分だけ楽になります。
自宅で着物を保管するのは、とても気を遣います。着る人がいなくなった着物など、買取を考え、専門の業者に見積りを頼むのが賢明だと思いますよ。買取業者はたくさんあり、実績も様々ですので多くのデータを集めて決めたいときにはまずはインターネットで「着物買取 ランキング」を検索して、ランクや口コミなどで絞り込んでいくといいでしょう。良い状態で保管されているか、織りや染めの作者など査定されますがまず、状態がいいかどうかが高価買い取りの前提条件です。

量がたいしたことなければ、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。第一、持ち込むのなら、業者の提示額と自分の希望に差があっても、買い取りを断ることも簡単です。直接会って話すわけですから、価格面でも納得がいきやすいでしょう。また、かなりの量で全部を持ち込めないときは、持ち込みで2、3着みてもらって、信頼できそうな業者さんに出張査定をお願いするというのもありですね。
初めてのお宮参りで、着物を新調しました。手入れが大変なのでレンタルにしたかったのですが周りからの、着物を買うのが当たり前というプレッシャーには勝てませんでした。一枚の着物のために、時間を割いて手入れするのは大変です。これから何度も着るならと、材質も柄も良い着物を買ったので保管も手がかかるのはよくわかっています。桐箪笥で保管するのがいいとはわかっていても、着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。これから七五三で着れば十分でしょう。後は思い切って買い取ってもらおうかと真剣に考えています。着物など値の張るものを買取に出す際、気になるのはやはり価格ですよね。貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。とはいえ着物類は、紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、ひと括りにできないところがあります。姉妹で同じ着物を売ったとしても、小さすぎたり細すぎるものは査定額が低くなり、逆は高値がつくこともあります。街の古着屋ではわかりません。価値のわかる専門業者に見てもらうのが高値売却のコツだと思います。いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に高く買い取ってもらうには何が必要かポイントを探ってみました。そもそも高級な品であることは絶対に必要なことですが、さらに、シミや傷がついていないかどうかも査定のチェックポイントだそうです。元々の品質は良かったものでもプロが傷を見つけてしまうと査定額をかなり減らされてしまうようです。

中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の広告をよく目にするようになりました。着る機会もなく眠らせたままでいると、きちんと管理しているつもりでも、染料そのものの劣化もあって価値が下がっていきます。新しくて状態が良い着物は意外な高値になる場合もあるので、思い切って早めに買い取りしてもらうことが肝心です。タンスの奥には何枚も着物がしまわれていて、買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのかさっぱり見当もつかず、結局処分に踏み切れませんでした。店舗への持ち込みだけでなく、宅配で買い取りできるお店も全国に増えているようで、いいお店をランキングサイトで調べ、できるだけ多くの人が高く評価するところをがんばって見つけたいです。
一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を扱わない店も増えていますから、いきなり店舗に持参せず、先に電話などで聞いたほうが確実です。もし手間が嫌でなければ、着物を専門に買い取る業者に頼めば、細かな査定をしてもらえるので高い査定額になりやすく、そちらを考えてみてはいかがでしょうか。どこにあるか知らなくても、ウェブ検索で見つけられます。手間をかけるだけの価値はあると思います。和服を売却する機会はそうそうないでしょう。具体的に処分を考えたら、良い値段で買取してもらえるよう、買取業者さんの評判を確認しましょう。電話相談できたり買取実績が多くて評判も悪くないお店をいくつか選んで、2社、もしくは、3社に見積もらせ、その査定結果を比べてみるのをおすすめします。高値が良いのは勿論ですが、同じ査定額でも対応の良し悪しが分かるので、気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。

続きはこちら>>>>>着物の査定の相場を知る方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です